田舎まんじゅうの日記

食費月10000円以内を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

ドイツでお試しベーシックインカムを開始したそうです

ドイツで抽選で選ばれた120人に対してベーシックインカム15万円を実験的に始めたそうです。

 

月に15万円を貰うことによってその人の時間の使い方価値観健康面がどう変わるか調査します。

 

日本でも竹中平蔵ベーシックインカム7万円を主張しています。

 

私はベーシックインカムに賛成です

月に7万円を貰うことによって、年金、医療、介護、生活保護社会保障はなくなります

 

例えば、病気をしても今は3割負担ですが、10割負担になります。

生活保護受給者も今は12万円(単身者)ですが7万円に下がります。

 

私は7万円貰えば生活していく自信があるので大賛成です。

7万円は少ないですが、月に3~5万円ぐらいなら何をやっても稼げます

路上生活者がアルミ缶を集めて5万円を稼ぐそうです。

 

しかし、ベーシックインカムは政治的に不可能です

まずは日本医師会が猛反対します。

10割負担になれば病院に通う人が半減します。

病院の7割が倒産します。

 

公務員議員もほとんど要らなくなります。

この人たちの反発も凄いです。

 

年金7万円以上を貰っている高齢者の反発もあります。

政治的に100%不可能です。

 

また、ベーシックインカム自体にも問題があります

子供を産めば産むほど世帯収入が増えます。

7万円欲しさに子供を産み、きちんと育てない人が増えます。

 

また、日本国籍を得ようとする外国人が爆発的に増えます。

 

ベーシックインカム続けるのは不可能です。

 

公的部門が効率化

昭和の時代に中間層を産んだのは製造業です。

しかし、製造業は海外に工場を移転しました。

 

特に地方は農業は衰退、工場は海外、唯一の飲食、観光業もコロナで壊滅状態です。

 

ロボット化AI化が進んで仕事はなくなります。

 

ますます、国民はお金がないので消費できない企業は需要がないので投資できない状態になります。

 

こういうのが背景にあってベーシックインカムが話題になるのです。

 

しかし、国民健康保険厚生年金の廃止は不可能です。

日本医師会国民健康保険への執着は物凄いです。

議員や公務員も自分たちの仕事がなくなるベーシックインカムに取り組むはずがありません。

 

しかし、抵抗が激しいほど公的部門が効率化します。

私は大賛成です。