田舎まんじゅうの日記

月の食事代10000円未満を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

こんなことをしていたら人口が減っているのに医療費が増えるのは当然です

東京23区が高校生の医療費を無料化するそうです。

0円では大した病気でないのに病院に通う人が増えるので200円の自己負担を求めるはずでしたが、日本医師会の猛反対で結局無料になりました。

 

こんなことをしていたら、医療費が増えるのは当然です。

日本は人口が減っているのに医療費が増え続けています。

 

また、日本歯科医師会の圧力で政府は国民皆歯科検診の義務化を検討しています。

コロナ禍の影響で歯医者に行く人が減っているからです。

 

歯に有害な業務についている人は法律で歯科検診が義務付けられています。

そうでない人まで歯科検診を義務付ける必要はないと思います。

 

先日、がん検診と特定健診の受診券が送られてきました。

即、破って捨てました。

 

内臓脂肪が増えたら高血圧、糖尿病、動脈硬化による脳梗塞心筋梗塞、関節負担の心配があることは分かり切っています。

 

予防するには睡眠、食事、運動しかありません。

特定健診など必要ない。

 

日本医師会日本歯科医師会の政治力にはうんざりです。

こんな圧力団体は世の中から消えてなくなって欲しいです。

 

15000円分のマイナポイントはau Pay残高に入れて現金化します

f:id:inakamanju:20220624221301j:image

6月30日から15000円分のマイナポイントがもらえます。

条件はマイナンバーカードの健康保険証としての利用申込み、公金受取口座の登録です。

 

私はマイナポイントの受け取りはau Pay残高を選ぶ予定です。

 

au Pay残高を選んでも、今回は残念ながらもれなくのポイント還元はありません。

くじ引きに参加できるだけです。

 

当たれば1000円分のポンタポイントが付与されます。

  • くじ引き参加期間 6月30日〜9月30日
  • 付与日 11月30日頃

 

au Pay残高を選んだ理由は利便性です。

使わなければauじぶん銀行の口座に自動払出されます。f:id:inakamanju:20220625014904j:image

 

au Pay残高、Suica、PayPayで検討しました。

どれも利便性が良いです。

おまけのポイントより利便性で選ぶ予定です。

 

日銀が金利を引き上げられない理由とそれによる弊害

私が20代の頃は定期預金の金利6%でした。

例えば1000万円を預けている人は、年間60万円もの利息をもらっていました。

 

今はメガバンク0.002%です。

1000万円を預けて200円。  

 

国民からすれば金利が上がった方が嬉しいのですが、日銀はどうして低金利を続けるのでしょうか?

 

理由は、金利を引き上げれば日銀が保有している国債含み損が拡大します。

また、国債を発行している政府の利払い費が増加します。

 

企業も低金利を望んでいます。

例えば、楽天の借金は3兆4000億円です。

金利が上がれば倒産します。

中小企業ではもっと酷く、倒産する会社が滅茶苦茶多いです。

 

また、日銀が金利を引き上げないので円安になっています。

円安は輸出企業の利益を増やしています。

 

要するに、低金利政策は企業にはプラス、国民にはマイナスです。

もちろん、経団連の十倉雅和会長も日銀の低金利政策を支持しています。

 

しかし、日銀による10年以上に及ぶ低金利政策によって、企業は借金に依存し、輸出企業は円安でないと利益が出ないような不甲斐ない企業が増えています。

 

もう、日銀が金利を引き上げても円高にはならないと予想されています。

日本の企業が弱くなって貿易赤字が拡大しているからです。

 

日銀が低金利政策を続ける限り、弱い企業ばかりになります。

 

私は今のところ値上げの影響はまったくありません

マスコミは値上げ!値上げ!値上げ!と騒ぎ立てるし、岸田総理は値上がりの不満が政権に向かうのを避けるためばら撒きをやりまくっています。

 

アメリカのようにカップ麺が600円になったら大事やけど、イオンのPBカップ麺が62円から73円になった程度の値上がりで誰が困るんやろか。

 

私は食料品の値上がりの影響はまったく受けていないです。

食パン納豆豆腐も100円以下で買えます。

 

キャベツは高かったり安かったりしますがこれは天候の影響でいつもの通りです。

 

2人の友だちはワタミの宅食を利用していますが、2食申し込めば月に200円の割引があったのがなくなっただけで、弁当代はまったく変わっていないそうです。

 

マヨネーズ、ドレッシング、食用油、こんなのがいくら上がろうが普段使っていないので関係ありません。

 

マヨケソは値段が上がって排除された方が健康に良いです。

 

逆に健康に良いお米が値下がりしています。

私はごはんなら1日4合食べます。

食パンなら1日2斤食べます。

 

玄米4合なら240円、食パン2斤なら96〜126円(割引商品)です。

今は食パンの方が安いので食パンを食べています。

 

食パンは発酵食品です。

発酵によってたんぱく質が分解され自然の甘みがあります。

何も塗らずに食べた方がずっと美味しいです。

 

江戸時代以前の人はごはんを1日5合食べたそうです。

炊き立ての玄米で作った塩むすびは毎日食べてもまったく飽きません。

 

加工食品外食が値上がりしても私には関係ありません。

砂糖で味付けした牛丼すき焼きより、天然の味付けの塩むすび食パンの方がずっと良いです。

 

岸田総理のばら撒きにはうんざりです

岸田総理がまたばら撒きを発表しました。

電気代が上がっているのでポイントで還元するそうです。

そして、肥料が上がっているので農家に支援金を出すそうです。

 

また、地方には臨時交付金を追加するそうです。

地方は使い道に困って低所得の子育て世帯に給付金を出したり、県民割でホテルを支援しています。

 

ホテルは県民割のばら撒きに便乗してホテル代を値上げしています。

石川県では臨時交付金巨大イカのモニュメントを作りました。

 

岸田総理のような政治家が一番やっかいです。

困ったら私が助けて上げます」と人気取りをします。

しかし、財源は赤字国債です。

将来のことはまったく考えていません。

 

地球温暖化が問題になっている今、ガソリンの補助金など必要ありません。

しかし、岸田総理がガソリンの補助金を出すのは値上がりの不満が政権に向かうのを避けるためです。

 

将来のことより自分の保身のことしか考えていません。

参院選後にはまた補正予算を組むそうです。

 

ばら撒きによる景気回復は一時的で、長期的な成長にはつながりません。

赤字国債が増えるばかりです。

 

禁砂糖に挑戦します

禁煙、禁酒には成功、次は禁砂糖です。

砂糖はニコチンやアルコールと同じで強い中毒性、依存性があります。

砂糖が入ったものを食べるとますます食べたくなります。

 

料理人は砂糖を入れると料理が美味しくなることをよく知っています。

たくさん売りたい人はどんどん砂糖を入れます

 

外食では砂糖が入ったものが多いです。

牛丼にも砂糖が入っています。

スーパーで売っている肉じゃがにも砂糖が入っています。

 

糖分が悪いのではなく、さとうきびやてん菜から糖分だけを分離して作った砂糖が悪いのです。

 

甘いものが欲しければ果物かぼちゃを丸ごと食べれば良いのです。

 

砂糖には利害関係が凄く絡んでいます。

メタボになる健康に悪いとわかっていながら外食産業や食品メーカーは砂糖を使いまくっています。

 

1つの例としてソフトクリームです。

冷たいから美味しいのです。

冷めて常温になったソフトクリームを舐めてみたら滅茶苦茶甘くて、こんなのを食べていたら健康に悪いというのが一発でわかります。

 

楽天キャッシュによる積立投信が開始になりました

f:id:inakamanju:20220620021812j:image

 

楽天カード楽天キャッシュ→積立投信の設定で1%の還元です。

期間は残念ながら8月〜12月の5ヵ月間です。

 

8月から開始するには7月12日までに設定しなければいけません。

設定は10分です。


f:id:inakamanju:20220620023130j:image

 

8月は従来の楽天カード→積立投信の1%と今回の楽天キャッシュによる1%の合計2%の還元が受けられますが、9月からは楽天カード→積立投信の還元が0.2%の改悪になります。

 

前者は解約します。