田舎まんじゅうの日記

目標は個別株3000万円、年間配当120万円。

厚労省が医療費の自己負担引き上げを検討しているそうです

検討案1 自己負担1~3割はそのままで、1回500円といった定額負担を上乗せする。

検討案2  1~3割負担を引き上げる。

 

私は健康診断は受けない入院はしない病院にはいかない薬は飲まないと決めているので、どんどん上げて下さい。

 

国民健康保険の保険料はデタラメに高い

サラリーマン以外が加入する国民健康保険の保険料は高すぎです。

総所得金額が200万円なら年25万円~35万円も取られます(金額は自治体によって差があります)

若い人にとってはバカらしい制度です。

年間35万円も払うなら、医療費を全額払ってもこんな制度はない方がいい。

しかし、残念ながら強制加入です。

滞納すれば財産差し押さえになります。

 

実は、国民健康保険の保険料をまともに払っているのは4割です

国民健康保険の加入者は3200万人。

軽減を受けているのが6割です。

そのほとんどが高齢者

65歳以上の高齢者は公的年金控除120万円+基礎控除33万円が受けられます。

これにより年間所得が186万円以下なら、7割軽減になります。

7割軽減の人は1000万人です。

 

若い人は基礎控除33万円だけで、社会保険料控除も受けられません。

 

保険料を払っていない人が給付を受けています

近所の病院も高齢者ばかりです。

多くは病気ではなく、老化です。

老化は一方通行で、医者にかかって薬を飲んだところで良くはなりません。

軽減を受けている高齢者が医療費の多くを使っています。

 

年金も同じです。

年金の保険料を払っていない人が、年金を貰っています。

サラリーマンの専業主婦です。

第3号被保険者といって、900万人もいます

 

年金や医療が維持できないと騒ぐ前に、保険料を払っていない人たちに給付するのを止めるべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚生年金は国家的詐欺だと思います。

サラリーマンの加入する厚生年金は「自己負担分」と「会社負担分」に分かれています。

 

サラリーマンは半分は会社が負担してくれているので、得をしているように思います。

実際に、私もそう思っていました。

 

しかし、ねんきん定期便を見ればわかりますが、「会社負担分」はサラリーマンが受給する年金には1円も反映されません

 

「会社負担分」は天から降ってくるのではありません。

会社に勤務している労働者が稼いだお金です。

そして、会社は労働者の老後のためと思って、「会社負担分」を国に払っているのです。

しかし、その分は会社にとっては人件費の増加になりますから、当然、労働者の給料は下がるでしょう。

 

結局、「会社負担分」はサラリーマンが負担しているのです。

そして、国は厚生年金の「会社負担分」を没収しています

 

国は厚生年金の適用をパートまで拡大しようとしています。

しかし、「会社負担分」が没収される限り、サラリーマンは払い損になるでしょう。

 

厚生年金の仕組みは、サラリーマンに負担を軽く見せる国家的詐欺だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国民年金の65000円だけでは生活ができない、死にたいほど辛い

こういう記事を見ました。

70歳で収入は国民年金の65000円(1カ月)だけだそうです。

生活費の明細は下記のようになっています。

 

  • 家賃 27000円
  • 水道光熱費 3200円
  • 携帯電話代金 1000円
  • 米(5㎏) 1500円
  • 卵ほか食材、おやつ代 15000円
  • 缶酎ハイ10本 1000円
  • たばこ(フォルテ270円×15箱) 4050円
  • 外食代 10000円
  • 交通費 1700円
  • 散髪代 1000円
  • 銭湯代 4400円
  • 新聞雑誌代 2500円
  • 合計 72350円

 

私の70歳時の生活費の予定は下記です

  • 家賃 42000円
  • 水道光熱費 7500円
  • 通信費 2180円
  • 米(10㎏) 5000円
  • 食費医療雑費 8500円
  • 住民税(1カ月当たり) 4600円
  • 国民健康保険(1カ月当たり)18200円
  • 合計 87980円

 

酒とたばこは止めました。

新聞は証券会社の日経テレコンで無料。

本は図書館を利用。

散髪はバリカンで自分でしています。

 

頑張って節約してみても、国民年金の65000円だけなら厳しいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルペイの不正利用の際の対応が変わりました

改定前は、不正利用されても、メルペイには請求できないという規定でした。

 

8月15日から下記のように改正されました。

メルペイが不正に利用された際、利用者がメルペイ警察署に届けた場合に、弊社に損害の額に相当する金額の補償を請求できる

 

これでクレジットカードの補償と同じような内容になりました。

クレジットカードの不正利用は年間200億円前後あるそうです。

そのため、クレジットカード会社は損害保険に加入しています。

 

ドコモの対応はやっぱり遅い

ドコモのスマホ決済「d払い」の利用規約は未だに下記のようになっています。

商品等購入代金相当額は、いかなる場合であってもお客さまにお支払いいただく

 

20年ぐらい前は携帯電話やデータ通信はドコモを利用していました。

しかし、何をしても対応が遅かったです。

ドコモは情弱な高齢者しか利用しないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森林環境税、宿泊税

森林環境税

2024年から住民税に1000円上乗せで徴収することが決定しています。

これによる税収は年間600億円です。

実は、すでに37府県が林業振興や森林保全のためとして県税に含んで徴収しています。

二重課税になります

 

宿泊税

宿泊税をすでに徴収、または検討しているのは下記です。

観光客の多い所ばかりです。

ここでも都道府県と市町村が取り合いです。

二重課税になります。

 

感想

山林を管理するのは、山林の所有者です。

それを市町村が預かって管理し、その費用は森林環境税として国民から徴収するというのです。

おかしいです

自分たちの仕事や権益を増やそうとしているように思えます。

 

2020年7月末、港区のビジネスホテルの宿泊代は67000円前後です。

オリンピックのため今年の同時期の4倍です。

札幌市のビジネスホテルは10000万円前後、釧路は15000円前後です。

これらのビジネスホテルは上がりすぎだと思います。

 

福岡からタイへの格安航空のチケットが9500円(安い時)。

そのうち1000円国税です。

こんなことをしていたら、外国人観光客も日本へ来なくなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナンバーカードが2021年3月から健康保険証として使えるそうです

メリットは何か

マイナンバーカードを健康保険証として登録した人を対象に、買い物で現金として利用できるポイントをくれるそうです。

 

登録は

来年の春からです。

マイナンバーの個人専用サイト「マイナポータル」にログインして登録します。

 

マイナポータルは使い勝手が悪い

マイナポータルにログインするには、パソコンの場合はICカードリーダライタスマホの場合はおサイフケータイ機能が必要です。

私はおサイフケータイ機能が付いたスマホを持っていないのでログインできません。

 

感想

パソコンでマイナポータルにログインしてみました。

使いものになりません。

便利な機能など、何一つありません

もともと役人は自分たちの仕事は減らしたくないのですから、国民にとって魅力的な機能は小出しでしょう。

ICカードリーダライタやおサイフケータイ機能が必要とか、本気でやる気があのか疑わしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1秒でおカネが借りれる社会になる


f:id:inakamanju:20190811023819j:image

メルペイのあと払い利用上限金額です。

80000円まで借りて買い物ができます。

私の信用スコアでしょうか。

今後は当たり前のものとして、社会に浸透すると言われています。

 

スマホ銀行

究極の未来型金融です。

1秒でおカネを借りることができる社会になります。

入力3分

AIによる審査1秒

人手ゼロ

借りる人が必要事項を入力している時には、すでにAIによって審査は終わっています。

中国では1億人以上が利用しているそうです。

 

審査とは

利用履歴

SNSの内容

電話の通話記録

これらを元にAIが分析し、与信枠を決めます。

 

不良債権

2018年末の中国でのネット金融の融資残高は2兆5500億円。

不良債券率1%

スマホを止められれば、キャッシュレス化が進んだ中国では生活ができなくなります。

ネット金融で借りたおカネは、優先して支払うそうです。

 

まとめ

メルペイはメルカリの取引履歴などからお客を採点しているのですね。

これは良いことと思います。

今後はお客を選べないような仕事は敬遠されます

ネットとAIの普及によって、1秒で良いお客、悪いお客を選別できるようになります。