田舎まんじゅうの日記

食費月10000円以内を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

生活保護訴訟、大阪地裁の判決に驚きました

大阪の生活保護受給者42人が生活保護費の引き下げの取り消しを求める裁判を起こしていました。

 

大阪地裁は受給者の訴えを認め、生活保護費の引き下げは生存権を保障した憲法に反すると引き下げを取り消す判決を言い渡しました。

 

大阪の42人以外に全国で900人が同類の裁判を起こしています

 

私はこの判決に納得できません

原告の一人Sさん(68歳)の生活保護費は11万円

米は国産より安い米国産を買い、6枚入りの食パンを12枚に切って少しずつ食べるなど生活を切り詰めても、支給日直前には手元に4~500円しか残らないと言う。

 

ウソを言うな!

食パン1斤はコンビニでも税込108円です。

1ヶ月分は108円×31日=3348円です。

何で12枚に切って少しずつ食べる必要があるの?

 

お米は2合で1000カロリーが摂れます。

1日2合でお腹一杯になります。

お米2合は300gです。

国産で100g40円ですから、1日わずか120円。

1ヶ月分は120円×31日=3720円です。

何でわざわざ米国産を買う必要があるの?

 

生活保護費(最低生活費)=生活扶助+住宅扶助です。

医療扶助で医療費はタダです。

所得税、住民税は無料。

国民健康保険も0。

65歳以上の介護保険は毎月5800円、年間7万円ですが、生活保護者のSさんは無料です。

 

11万円で足りないはずがありません。

パチンコと酒に使っているはずです。

 

単身者が40年働いて年金は16万5千円です

40万円の平均月収で40年働いて、国民年金6万5千円、厚生年金10万円の16万5千円です。

私は11万4千円しかありません。

 

これから医療費はもちろん、所得税、住民税、国民健康保険介護保険料を払わないといけません。

 

まとめ

大阪地裁の判決には納得できません。

そもそもSさんは裁判を起こすほど元気です。

腰が痛いから働けないそうです。

腰が痛いのは病気ではなく、老化です。

年を取れば腰や膝が痛くなるのはわかりきったことで、普通の人はそれに備えて節約し貯蓄しています。

 

生活保護者に家計簿を提出する義務を付ければ、こういうバカな訴えや判決が無くなると思います。

 

 

森元会長の発言は世界中から批判されるほど女性差別ではないと思います

森元会長の発言は下記です。

女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。

女性っていうのは優れているところですが、競争意識が強い。

誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね。

それでみんな発言されるんです

 

最後まできちんと聞けば世界中から批判されるほど酷い発言ではないと思います。

 

マスコミが故意に取り上げた「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」だけを聞いて批判されている人が多いと思います。

 

それより五輪は本当に開催できるのだろうか

IOC菅総理も100%中止はないと言っています。

しかし、世界中の国際線の航空機はほとんど飛んでいません。

ほとんどの国が代表選手を決める予選をしていません。

迎える日本は1万人以上の医師と看護師を集められるのだろうか?

 

ここまできて中止をすればIOCと日本は関係各所に莫大な賠償金を払わなければいけません。

それ故に中止はしないでしょう。

 

しかし、開催してコロナ感染が拡大すれば政府は責任を取るのでしょうか。

内閣総辞職では済みません。

 

緊急事態宣言で多くの飲食店が苦しみました。

政府だけが人命尊重を無視して良いはずがありません。

 

開会式まで後5ヶ月。

さて、どうなるのでしょうか?

 

ゴルフ会員権の名義変更料の高さに驚きました

未だにこんな商売が成り立っているんですね。

相模原ゴルフクラブ名義変更料は3割安くしたにもかかわらず、220万円だそうです。

 

関東圏にある会員制ゴルフの名義変更料の平均は75万円

7割のコースで名変諸費用が会員権価格より高いそうです。

 

なんで名義変更にこんなにお金がかかるのでしょうか?

ぼったくりにもほどがあります。

 

これでは高齢化した会員権所有者から若者への移行が進まず、かえってゴルフ場にとってマイナスになると思います。

 

また、コンペなど来場者数の2~3割を占める団体客が激減しているという影響で、会員権の年会費を引き上げるゴルフ場があるそうです。

 

浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)は年会費を44000円から66000円に引き上げました。

千葉カントリー倶楽部も88000円から132000円に引き上げました。

 

こんなことをしているのでは、ゴルフ人口が10年前から4割減り、580万人になったのも納得します。

 

私もゴルフ会員権では酷い体験をしました

私の買ったゴルフ場の名義変更料、年会費は下記です。

名義変更料  25万円。

年会費  25200円。

 

会員権を買う時にゴルフ場になんでこんなに名義変更料が高いのか問い合わせました。

しかし、納得する説明はありませんでした。

 

会員権を買って10年後、会員は5000人にもなりました。

株で言えば増資です、

増資しまくったのです。

5000人も会員がいれば土、日、祝祭日は予約が一杯でゴルフはできません

会員である意味がありません。

 

ゴルフ場は何もしなくても年会費25200円×5000人=1億2千万円超のお金が入ります。

 

まとめ

私の知り合いでゴルフ会員権を買って満足した人は一人もいません。

名義変更料と年会費の価格はデタラメでぼったくりです。

 

ジャパンネット銀行に口座開設します

4月5日からジャパンネット銀行PayPay銀行に社名変更をします。

それに先駆け、3月になってジャパンネット銀行に口座開設&PayPay残高にチャージすると現金4500円がもらえます

また、ジャパンネット銀行デビットカードをつくり、3回利用すると1000円がもらえます

 

ジャパンネット銀行の特徴

①口座開設はネットで簡単にできる。

申し込みから最短5日でキャッシュカードが届く。

 

②近くの銀行、コンビニのATMで、24時間365日入出金が可能、毎月1回の手数料必ず無料

 

③2回目以降も3万円以上の入出金なら、何度でもATMの手数料は無料

 

Tポイントを現金に交換できる。

Tポイント100ポイント→85円。

 

PayPay残高→ジャパンネット銀行への出金が無料

 

ネットで簡単に解約ができる

 

三菱UFJ銀行は口座解約します

ジャパンネット銀行を増やすので、代わりに三菱UFJ銀行を口座解約します。

 

私の場合は商売に使ったり、銀行でお金を借りることはありません。

それなら三菱UFJ銀行のような大手銀行に口座開設しておくメリットはありません。

 

預金金利は安く、振込やATM手数料のサービスはありません。

私のような資産レベルの個人には必要ない銀行と判断しました。

 

3月はPayPayの3つのキャンペーンに参加します

スマホ決済はコンビニでしか使えないと思っていたので、ほとんど利用していませんでした。

 

しかし、最近私が毎日行っているスーパー3店でPayPayなどスマホ決済が使えるようになりました。

 

スーパーで使えるようになったので2月にPayPayに登録しました。

そのPayPayが3月に魅力のあるキャンペーンを実施します。

私は3つのキャンペーンに参加します。

 

1つ目は

期間  3月1日~3月28日。

還元率  20%。

もともと2~4割高いコンビニでは20%還元は魅力がありませんが、スーパーで使えるので凄く魅力があります。

 

2つ目は

期間  3月1日~4月30日。

この期間にジャパンネット銀行に口座開設し、開設月の翌月末までに合計15000円以上をPayPay残高にチャージすると、現金4500円をプレゼントされます

 

ジャパンネット銀行が4月5日からPayPay銀行になります。

PayPayは資金移動業者に登録しています。

今後、無料送金など従来の銀行にないサービスが期待できます。

 

3つ目は

期間  口座開設の2ヶ月後の月末まで。

ジャパンネット銀行(PayPay銀行)のVISAデビットカードを3回以上利用すると、もれなく1000円がもらえます。

 

まとめ

PayPayはコンビニや牛丼御三家だけでなく、スーパーでも使えるようになってきました

それと、PayPayの問い合わせ窓口はフリーダイヤル、24時間、365日体制です

安心して利用できます。

 

私は3月のPayPayの3つのキャンペーンに参加します。

開設し使ってみて不要なら、ネットから簡単に解約ができます。

 

 

60歳からはゴロゴロ、ぐうたらに生きます

来年は60歳になります。

国民年金の支払いも59歳9~11ヶ月の3ヶ月分を納めるだけです。

60からは毎日ゴロゴロ、ぐうたらに生きます。

 

具体的には下記です。

  • お金を貯めることから、使う方へ切り替える。
  • 新聞や本を一生懸命読まない。
  • 雨の日のウォーキングはしない。

 

お金を貯めるのは60までです。

60までに貯めた資産額が自分の実力です。

私に運用能力があれば、すでに何億円もの資産を築いています。

節約して3000万を貯めるぐらいの能力しかありませんでした。

60からは3000万を取り崩して生活を楽しみます。

 

60までは新聞や本をよく読みました。

株式投資のためです。

しかし、60から働かないのだから株を買うお金はありません。

保有している株は放ったらかしです。

株を買うお金がないのだから、毎日日経新聞を読む必要はありません。

60までの経験で、いくら知識を増やしても私には運用能力がないことを悟りました。

 

60までは健康管理に気を付けました。

雨の日でも長靴をはいてウォーキングをしました。

60からはこんなバカなことはしません。

今まで行ったことがなかった北海道にも昨年行きました。

もういつ死んでも悔いはありません。

ストイックな生活はしません。

 

まとめ

60からはゴロゴロ、ぐうたらに生きます。

 

国民と一緒になって10万円の支給を催促する国会議員は信用できません

私は麻生太郎財務大臣菅義偉首相が嫌いです。

しかし、国民と一緒になって10万円の支給を催促する国会議員やマスコミよりは信用できます。

 

国民に10万円を配ったら13兆円も必要です。

昨年は税収が57兆円に対して175兆円も支出しました。

今年は55兆円の税収見込みに対して106兆円を支出する予定です。

国民に総額13兆円も配る余裕はありません。

 

米国は昨年2回、今年1回、国民一人当たり合計34万円のコロナ給付金を配ります。

しかし、物価は日本の2倍です。

ラーメン一杯2000円を超えています。

物価の安定している日本の10万円の方が価値があります。

 

また、家計が保有している現預金は1034兆円で過去最高となっています。

コロナが終息すれば余分な現預金が一気に消費に回ります。

 

物価やマネーストックから考えても、今の日本で国民に10万円を配る必要はありません。

国民と一緒になって10万円を催促している国会議員は選挙の票が目的です。

10万円を催促しているマスコミや経済評論家も雑誌や本を売るためです。

 

自民党議員73名が10万円の支給を催促しているという記事をみて情けなく思っています。

こういうバカな議員の歯止めをしている麻生太郎財務大臣菅義偉首相は立派です。