田舎まんじゅうの日記

目標は個別株3000万円、年間配当120万円。

日経に75歳から年金の記事が度々出ます

昨日も出ていました。

年金は65歳から貰えます。

これを70歳に繰り下げれば、1.42倍になるそうです。

そして、75歳まで繰り下げを可能にして、1.84倍になる案があるそうです。

 

しかし、年金を繰り下げる人は全体の1%です

逆に、減額になるにもかかわらず65歳より早める人は30%だそうです

 

理由は、国民の年金知識の不足が考えられるそうです。

70歳からの受給を選択すると年金が1.42倍に増額することを知らない可能性があるそうです。

 

安倍政権も厚労省も、国民の1%しか繰り下げを選択しないことに強い不満を持っています

そして、安倍政権は年齢が上がるほど死亡率が高くなるのだから、もっと増額率を上げるべきだと言っています

 

一方、厚労省は平均寿命が伸びているのだから、1.42倍という現行の増額率を上げれば、払いすぎになって将来世代にツケが回ると警戒しています

 

政治家は自分たちの任期の後など知ったことではないという考えです。

憂国の士とは程遠い。

 

私は68歳までの繰り下げの予定でしたが、65歳から貰うことに改めました

私は所得が低かったので、65歳から貰える年金は144万円程度です。

68歳まで繰り下げれば180万円、70歳まで繰り下げれば204万円になります。

 

しかし、所得税、住民税、国民健康保険料が増額になります。

 

144万円の場合

所得税 0円

住民税 0円

国民健康保険料 18000円

 

180万円の場合

所得税 8050円

住民税 23500円

国民健康保険 59000円

 

204万円の場合

所得税 17260円

住民税 42000円

国民健康保険 114800円

 

政府が増額率を上げたり、周知度を高めても受給開始を遅らせる人は増えないと思います

日本人男性の健康寿命は約72歳です。

お金は元気な時になければ意味がありません。

それに、年金が増えても、増税は政府の思うがままです。

私は65歳から貰います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚きです、来年はスマホで配当控除や株式等の譲渡所得の確定申告ができそうです

今はほとんどのことがスマホでできます。

私がパソコンでやっていることで、唯一スマホでできなかったのが確定申告です。

ところが、スマホでできるようです。

 


f:id:inakamanju:20191016125600j:image

事前に税務署で本人確認し、ID パスワードの届出をしておけばe-Taxで送信ができます

 

また、印刷して書類提出することもできます。

申告書をスマホに保存して、ネットワークプリントを利用してコンビニで印刷します。

 

断然、e-Taxで提出した方が有利です

理由は、全ての添付書類を省略できるからです

 


f:id:inakamanju:20191016131029j:image

国税庁Androidで動作確認をしています。

 


f:id:inakamanju:20191016131338j:image

実際に配当控除株式等の譲渡所得を入力してみました。

 


f:id:inakamanju:20191016131817j:image

問題なく、申告書が作成できました。

 

最後にマイナンバーの入力が必要です。

これはパソコンで作成する場合でも同様です。

 

私にとって、もうパソコンは不要です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は損出し節税クロス取引はしません


f:id:inakamanju:20191015152712j:image


f:id:inakamanju:20191015131234j:image

 

SBI 証券のJTの3000株で1078500円の含み損となっています。

(これ以外にJTはNISAで400株、丸三証券で100株保有

 

一方で、今年の配当金は税込811200円の予定です(京セラ以外は確定)

年末に2200株のJT株を損出し節税クロス取引すれば、所得税119222円と住民税38925円が戻ります

 

損出し節税クロス取引の方法は2つの証券会社を使う方法と信用口座を使う方法があります。

私は2つの証券会社を使います

9時前か、12時30分前に、例えばSBI証券で成行で売り、楽天証券で成行で買いの注文を出します。

これにより同値で売りと買いができます。

 

信用口座があれば、同一営業日に現物売り、信用買い、翌営業日に現引きができるそうです。

私は信用口座は開いていないのでこの方法は使えません。

 

わざわざ2つの証券会社を使ったり、特定口座と信用口座とに分けるのは、同じ特定口座内で同一営業日に売りと買いの注文を出しても、買いが先に計算されて損出しの効果がなくなるためです。

 

私は配当控除を利用します

私は配当控除を利用します。

所得税は総合課税、住民税は申告不要制度を選択します。

これにより、所得税の119222円が還付されます

住民税の38925円は諦めます。

 

しかしながら、損出し節税クロス取引は税金の先送りの効果があります

配当株投資は利益確定をせずに、配当を貰い続けます

損出し節税クロス取引で、税金は先送りすれば良いと思います。

アメリカではこの方法は禁止です。

日本では合法なので、どんどん利用しましょう。

毎年、年末にかけて損出し節税クロス取引が増えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余生の先送りはしません、余裕のある貧乏を目指します

余生の先送りはしません

元気な国民は70歳以降も働け。

政府は国民に呼び掛けています。

老後の安心のための年金が、国民への脅しに使われています

 

  • 年金は70歳以降も繰り下げ可能にする
  • 個人型確定拠出年金は65歳までの延長を検討
  • 企業型確定拠出年金は70歳まで延長を検討
  • 40歳から64歳までの介護保険料は69歳までの延長を検討

 

こんな新聞記事が頻繁に出ます。

しかし、私は余生の先送りは絶対にしません

 

余裕のある貧乏を目指します

節約が身に付いたので、年金も多くは必要ありません。

住民税非課税を狙うなら年金は151万円以下です

国保7割軽減を狙うなら年金は186万円以下153万円以下です

60歳を超えて働いて年金が増えても、所得税国保の保険料で取られるだけです。

特に国保の保険料は今後益々増えると思います

 

日本は低所得の高齢者に優しい国です

節約して、余裕のある貧乏を目指します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NP後払い、利用者1350万人に驚きました

クレジットカードを使わずに購入代金を後払いできるサービスが広がっているそうです。

NP後払いです。

利用者はなんと1350万人

AI(人工知能)が個人の信用度を解析して、利用上限金額を決めます。

 

メルペイは来年までに分割払いもできるようにするそうです

メルペイにも「メルペイあと払い」というサービスがあります。

2020年には分割払いもできるようにするそうです

ターゲットはクレジットカードを使えない若者や主婦のようです。

 

私はお金はさっさと払います

資金繰りの鉄則として「回収は早く、支払いは遅く」というのがあります。

しかし、私は買った代金はさっさと払います

後払いは利用しません。

 

クレジットカードもリボ払いと国内キャッシングの利用可能枠を0にしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株価が底堅い理由


f:id:inakamanju:20191013130040j:image

 

国内初、トヨタファイナンスが利回り0%の社債を発行

発行額は200億円。

ところが、2倍の400億円の申し込みがあったそうです

驚きです。

理由は、日本国債の3年、5年、10年物の金利がマイナスになっているためです。

国債を買った方が金利を払わないといけない状況です。

 

株式市場もおかしい

株式市場は、企業が投資家から資金を集めるためにあります。

ところが、今は企業が余ったお金を投資家に返す場になっています

 

企業は配当や自社株買いで投資家に余ったお金を返しています。

マイクロソフトが9月に発表した自社株買いの金額に驚きます。

4.1兆円です

 

米中貿易協議が部分合意しました。

中国が米国の農産品を4~5兆円規模で買うことを約束したからです

 

1企業のマイクロソフトはそれと同規模の自社株買いをやるのです

 

米国市場で債務超過は230社、そのうちの80社が自社株買いをしています。

投資家の資金を飲み込むはずの株式市場が、投資家に余ったお金を返す場になっているのです

 

株価が底堅い理由

  • 定期預金の金利は0.02%
  • 国債金利はマイナス
  • 企業は配当や自社株買いで余ったお金を投資家に返している
  • 日銀がETFを買っている

これだけ条件が揃えば、株価は底堅いと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現金を用意するのが面倒なので、歯医者の予約をキャンセルしました

私は病院には行かないと決めていますが、4カ月に一度の歯石取りは続けていました。

しかし、今回予約をキャンセルしました。

理由は、現金を用意するのが面倒だからです

 

今はスーパーもコンビニもクレジットカード1枚あれば支払いできます。

少額の支払いの場合は、サインも要らなくなりました

 

ここ1年で現金を使ったのは歯医者ぐらいです。

民間企業ならキャッシュレス化に対応しなければ負け組になります。

病院や役所は殿様商売だからキャッシュレス化の対応が遅いと思います。

 

クレジットカード1枚あれば〇〇ペイは要らないと思っています

本当はクレジットカード1枚で事足りるのですが、私はモバイルTカード、メルペイ、d払いも使っています。

 

モバイルTカードが必要な理由は、JCBでTポイントが貯まるからです

Tポイントはファミリーマート吉野家、ガスト、ヤマト運輸で使います。

 

メルペイを使う理由は、メルカリでの売上を使うためです

メルペイはセブンイレブン、ローソン、ミニストップ吉野家松屋で使います。

 

d払いを使う理由は、クレジットカードのポイントとdポイントが二重で付与されるからです

ほとんど全てのコンビニ、松屋マクドナルド、すき家で使えます。

 

いずれはクレジットカード1枚にしようと思っています

いろいろ持つのは面倒です。

JCBクイックペイも持っていますが、クレジットカードが少額ならサインなしで使えるようになった今となっては不要です。

 

現金は用意するのも面倒です

病院の支払いや役所の各種手数料も早くキャッシュレスにすべきだと思っています