田舎まんじゅうの日記

食費月10000円以内を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

下村博文議員は使い物にならない

安倍前総理が下村博文議員も総理候補に挙げていました。


こんな政治家が総理候補とは全くふざけた話です。


特に下村博文議員を意識しているわけではないのに、新聞を読んでいてこの議員のバカ発言を何回も見かけました。


本当に使い物にならない議員です。


今日の新聞記事でも、下村博文議員の10万円再給付が必要という記事が出ていました。


この裏には都議選で自民党公明党過半数に届かなかったことがあります。


このままでは次の衆院選が心配なのです。


選挙のためにお金をばらまくという発想は責任感のない政治家が考えることです。


立憲民主党の枝野代表も同類の議員です。


消費税減税を唱えながら、一方で給付が足りないと政権を批判しています。


こんな無責任なことをしゃあしゃあと言うから立憲民主党の支持率はいつまでも1桁なのです。


コロナ禍で国民の貯蓄は20兆円も増えています。


コロナが収まれば国民は旅行や外食でお金を使います。


お金が不足しているわけではないのです。

今必要なのはばらまきではなくワクチンの普及です

ワクチンの普及が最大の経済対策です。


菅総理自治体にワクチンを十分供給したと胸を張りました。


ところが、千葉、神戸、京都などワクチンの不足が明らかになり、接種の予約停止をする自治体が続出しています(なんと67自治)。


企業も相次いで接種の予約の受付を停止しています。


情けない話です


英国は国民の86%が1回目の接種が終わり、ジョンソン首相がマスク着用義務の解除を発表しました。


早々と接種が終わった米国は景気が完全に回復し、4-6月期が景気のピークで今後緩やかに落ちていくと予想されています。

まとめ

私は国民にあめ玉をぶら下げることしか考えないような下村博文議員や枝野幸男議員は信用できません


にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村