田舎まんじゅうの日記

月の食事代10000円未満を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

「診療報酬マイナス改定すべき」という意見に賛成です

来年度予算について議論している財政制度等審議会で医療の診療報酬について「診療所の極めて高い利益率を踏まえれば、診療報酬を大きく下げ、マイナス改定にすべきである」という意見が多数を占めているそうです。

 

当然です。

全産業の経常利益率は2.6〜3.4%なのに、診療所は3.0%〜8.8%です。

ここ20年国民の給与は1.4%しか上がっていないのに、診療報酬は値上げを続けています。

 

日本医師会は「物価が上がっているので診療報酬も上げろ」と言っています。

日本医師会の代弁者である武見敬三厚労相は「介護報酬は6000円の賃上げが妥当」と語っています。

国民の理解を得やすい介護報酬をまず値上げして、その後に診療報酬の値上げを企んでいます。

 

12月に結果が出ます。

日本医師会を優遇して値上げするか、それとも財政制度等審議会がきちんと機能してマイナス改定になるか、国民はよく見ておかなければいけないと思います。