田舎まんじゅうの日記

食費月10000円未満を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

マイナンバーカードの申請が殺到します

0才から高校3年生までに10万円の現金給付マイナンバーカードを保有する全国民に3万円のポイントを付与することがほぼ決まったようです。
岸田総理は決断力がないからもたもたすると思っていましたが、迅速に決まって良かったです。


0才から高校3年生までに10万円の現金給付は賛成です。
私は59才ですが、お金は若い時にもらってこそ価値があります。
そして、若い人はお金を貯めるより、お金を使って経験を貯めなければいけません。


私も若い頃は酒、ゴルフ、釣りなどでお金がいくらあっても足りませんでした。
お金が欲しくて堪りませんでした。
しかし、59才になった今は住居費、食事代以外にお金はほとんど使いません。
お金をもらっても貯金に回るだけです。
現金給付は若い人にしてこそ喜ばれます

マイナンバーカードの保有する全国民に3万円のポイントを付与するそうです

マイナンバーカードの普及率は38%(10月1日)です。
決まればマイナンバーカードの申請が殺到すると思います。


マイナンバーカードの申請は簡単です。
スマホを持ってる人は市町村から郵送されてきた交付申請書のQRコードを読み込んでID、名前、メールアドレス、スマホで自撮りした写真などを添付して送信するだけです。
何もわからない人は4.5cm×3.5cmの写真を持って市町村の窓口に行けばその場で申請できます。


日本でマイナンバーカードが普及しないのはマスコミがマイナンバーカードによる個人情報の流出を煽るからです。
マイナンバーカードの個人情報など何の価値もありません。
住所、氏名、生年月日、性別の4情報と写真だけです。


逆にマイナンバーカードと証券会社や銀行を紐付けておかないと、私が死んだ時に休眠口座になってしまいます。
ネット銀行では昔の銀行のように通帳やキャッシュカードがないので相続人が口座に気付きません。


プライバシーを徹底するならIT化は世界から大きく遅れます
マイナンバーカードはどんどん活用した方が良いです。


にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村