田舎まんじゅうの日記

食費月10000円未満を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

60歳前になれば老化による体の不具合が出てきました

健康には自信がありましたが、60歳前になればいろいろ老化による不具合が出てきました。
今悩んでいるのは3つです。

  • 老眼。
  • 過活動膀胱。
  • 右腕の痺れ

老眼

老眼は一気に来ます。
昨年の秋までは老眼なんで気にもしていませんでした。
新聞も普通に読めていました。


ところが、昨年の秋に新聞の文字が急に読めなくなりました。
北海道に旅行中だったので、狸小路商店街ドンキホーテで度数1.5の老眼鏡を買いました。


今は1.5でも読みにくいです。
老眼鏡はしっかり度を入ったものを選んだ方が良いそうです。


老眼鏡をかけることにより、老眼が進行することはありません。
逆に、見にくいままで生活していると、目の負担になり、緑内障を引き起こすこともあるそうです。


老眼は40~70歳の間で誰にでも急に来ます。
70歳を過ぎれば老眼は進行しません。

過活動膀胱

今、一番悩んでいるのが過活動膀胱です。
急に強い尿意に襲われ、我慢できません。


毎日ウォーキングをしていますが、その2時間の間が我慢できないのです。
ウォーキングをしている時は尿
意は感じません。
ところが家に着く手前になると、急に強い尿意に襲われます。


我慢する訓練など逆効果です。
この尿意をコントロールすることなどできません


昨年は何ともなく何度も旅行しましたが、今年はこんな状態では旅行をするのが怖いです。
若い頃は飛行機の中でもトイレなど気にせずにビールを飲みまくっていました。
こんな状態では飛行機には乗れません。

右腕の痺れ

朝起きたら必ず右腕が痺れています。
体の右半身あるいは左半身、どちらか一側にだけ痺れが起こる場合は、脳に原因がある場合が多いそうです。


左腕が痺れたことは一度もなく、右腕だけです。
脳腫瘍、脳出血脳梗塞の前兆なのかもしれません。

まとめ

病気ではなく老化と諦めています。
健康管理に気を付けても、年を取れば老化が襲います。


しかし、好きなことをしてきた人生に満足しています。


老化による不具合とは共存していくしかないと思っています。



にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村