田舎まんじゅうの日記

食費月10000円以内を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

老後の不安は住み処です

食費を月1万円以内に抑えることは達成しました。

残す問題は住み処です。

マンションを借りたら月5万円はかかります。

月7~8万円の生活費のうち、住居費が5万円も占めます。

 

年間60万円。

死ぬまで30年として1800万円です。

 

300~500万円ぐらいでワンルームマンションが売っていますが、どうなんだろうか?

 

ただ私が死んだ時に売れないマンションが残ることになります。

人に迷惑をかけます。

 

私自身もマンションを買ってその土地に縛られるより、割高でも賃貸の方がいいです。

 

今年大阪でマンションを借りようとしたけど不動産業界は信用できません

学生の時、アパートを借りていましたが、退去の時、敷金10万円は返してもらえませんでした。

 

便器が水垢のため取り替えるというのです。

私が借りた時から水垢が付いた状態だったことを指摘したら「敷金は大家さんへのお礼もかねて置いて行くもんだ」とか言われ、結局返してもらえませんでした。

 

それ以来、不動産屋にお金を預けたら、まず返してはもらえないと思っています。

 

通常消耗や経年劣化は貸主が負担するものです。

しかし、未だに原状回復を巡るトラブルが多発しています。

 

鍵の取り替え、ハウスクリーニング、フローリングへのワックス塗り、こんなのは貸主の負担するものです。

しかし、平気で借主に請求しています。

 

まとめ

マンションを買うのも借りるのも自分一人ではできません。

インサイダーが跳梁跋扈し、いびつな不動産業界を通すしかありません。

 

ホテルを予約するようにネットでマンションも借りることができるようになればいいと思います。

 

生活費のうち、半分以上が住居費です。

滅茶苦茶大事です。

それなのに不動産屋は玄人、借主は素人、情報の非対称性が甚だしい。

ぼったくられるのは明らかです。

 

不動産業界こそ対面取引ではなく、デジタル化が早急に整って欲しいと思います。