田舎まんじゅうの日記

食費月10000円未満を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

もう関電は信用できません

三者委員会の報告書によると、関電社員75人が森山氏から総額3億6千万円の金品を受け取っていました。

 

この収賄に対する森山氏へのお返しは下記です。

 

関電は森山氏を接待していました

期間は9年間です。

回数は平均月4回です。

一回の費用の平均が21万円

ホテルのレストランや日本料理の会食ですが、どんな豪華なものを食べていたのでしょうか。

 

森山氏から土地の買い取りをしました

森山氏の仲介で関電は土地の買い取りをしました。

鑑定額6億円の土地を11億円で買いました。

それも関電にとって利用価値のない土地でした。

 

森山氏へ工事を発注しました

これがメインのお返しです。

森山氏へ発注した工事は確認されているだけで380件です。

森山氏への発注のノルマがあったそうです。

その99%が入札を行わない「特命発注」でした。

 

森山氏にお金を渡していました

関電は森山氏を子会社の顧問として年間200万円のお金を渡していました。

総額6780万円です。

これは確認できただけの金額です。

報酬や手数料の名目で総額数億円に上るそうです。

このお金が森山氏から関電社員への金品提供(賄賂)の原資です。

 

まとめ

森山氏と関電社員75人は最低9年に及んで関電のお金を間接的に盗んでいました

米国や中国なら森山氏の財産は没収、関電社員75人はクビです。

 

しかし、日本は上級国民に対して厳しく対応しません。

 

森山氏はすでに死去していて、確実な証拠を得るのは難しいとして責任は追求しないそうです。

関電の方は、社長の辞任、一部役員の20%給与カットだけです。