田舎まんじゅうの日記

食費月10000円以内を身に付ければ生活がめちゃくちゃ簡単になる

消費増税前というのに洗剤、トイレットペーパー、ケース入り缶ビールが売れないそうです

スーパーの一角では消費増税前の駆け込み注文に備えて、洗剤、トイレットペーパー、ケース入り缶ビールを山と積み上げて、お客さんを待ち受けています。

しかし、せっせとカートに載せている姿は見られません

じわじわと税率が上がるのに慣れてしまったのですね。

 

1989年初めて消費税3%導入前の駆け込み注文は物凄かった

その時私はメーカーの営業でした。

もう狂ったように注文が来ました。

もうトラックもなく、出荷できないのに一方的にFAXで注文を流して来ました。

注文を断ると「メーカーなら供給責任があるだろう」と怒鳴ります。

こっちも負けません。

普段、要る時に要るだけ注文しておきながら何が供給責任だ。普段の実績以上に出荷しているだろう」と怒鳴り返しました。

当時の流通業者の売上高経常利益率は1%~3%。

流通業者にとって消費税の3%は大きかったのです。

 

懐かしい思い出です、今は余分なモノは買いません

今はジャストインタイムです。

必要な時、必要なだけ、相応のおカネを払って調達します

 

私は断捨離で、余分なものはさっさと捨てています

もったいないと思うかもしれませんが、捨てれば捨てるほど、モノを買う時には慎重になります。

結局、損したのように思うけど、ムダなものを買わなくなって得をするのです。

ムダなものがない生活は気持ち良いです

 

○○ペイとかで20%~70%のポイント還元キャンペーンがあります。

しかし、モノは絶対に買いません。

買うのは食べ物だけです。

それも在庫では買いません

 

初めての消費税から30年が経ちました。

私の性格も全く逆になりました